-住宅ローンの金利

2009年8月アーカイブ

住宅ローンとは

| コメント(0) | トラックバック(0)
「住宅ローン」賢い人はこう借りる!

 

住宅ローンを利用する目的としては、新築や中古マンション、一戸建ての購入や土地、自宅のリフォーム、別荘の購入などがあります。
住宅ローンは大きな金額を長期間にわたって借りるため、安易に決めるのではなく、将来を見据えた計画性を持って申し込むことが大切です。
住宅ローンは大きく分けて2つに分けることが出来、公的融資と民間融資と呼ばれるものになります。

新築のマンションや一戸建てを購入する際によく利用されるものは公的融資になり、住宅金融支援機構や財形融資、年金融資や自治体融資などがあります。
公的融資の住宅ローンは融資の審査が厳しく、融資が受けられない場合も考えられますが、金利が安いと言うことで人気があります。
住宅ローンの民間融資とは、銀行や保険会社が行っている融資になり、最近はテレビコマーシャルなどでも多くの銀行が宣伝を行っています。

公的融資の住宅ローンに比べて融資の対象審査も厳しくないものの、金利は選んだ銀行や保険会社によって幅がありますので、選ぶ際には比較検討する必要があります。
住宅ローンの公的融資を受けていて、後から民間融資に変更したりする事も可能になっていますが、手数料や金利面などをよく考えて選ぶ事が重要になっています。

今こそ見直せ!住宅ローン

 

住宅ローンを選ぶ際に重要な点はいくつかありますが、金利がどの位かと言うことが一番のチェックポイントになっています。
住宅ローンの金利は大きく分けて3つに分けられ、固定型金利と変動金利、固定期間選択型があります。

住宅ローンの固定金利型にも種類があり、全期間金利の変動が無く融資が受けられる場合と、段階によって金利が上がっていくタイプがあります。
2つのタイプは低金利で住宅ローンを組むことが出来ればメリットが大きく、返済計画も立てやすくなっています。
住宅ローンを変動金利で申し込む場合、年に2回金利の見直しが行われますが、5年間は固定金利で返済を組まれる場合が殆どになっています。

変動金利の場合、低金利になればメリットがありますが、逆に高金利になってしまう可能性もある点がデメリットとなります。
変動金利でも上限金利特約の住宅ローンなら、上限の金利が決まっているため普通の変動金利に比べると安心感があります。

住宅ローンでも固定期間選択型は、決められた期間の返済が終了した後、金利の状況に応じてどの返済方法にするか選ぶことが出来ます。
どの住宅ローンの金利も契約を行う時の状況や、これからの経済状況をある程度予測して行う必要がありますので、良く考えてから契約することが大切です。

 

 離婚  ドロップシッピング  ホンダCB400F  アプラス

図解でわかる得する住宅ローン借り方・返し方

 

住宅ローンを組む際には金利の種類を選択する必要があり、変動金利と固定金利から選ぶことになります。
住宅ローンの固定金利とは、融資契約を行う時点での金利で支払いが完了するまで払い続けるタイプです。

固定金利は契約時に決められるため、住宅ローンを返済するに当たっての計画が立てやすく、長期間払い続ける人には安心して返済が行えるというメリットがあります。
住宅ローンの金利と言えば昔から固定金利が一般的でしたが、金利が低くなった場合のメリットを得ることが出来ないため、変動金利を選ぶ人も多くなっています。

しかし、住宅ローンを組んでから何十年もの間払い続けるため、金利の変動で支払額に変化があっては、返済計画がなかなか立てられません。
住宅ローンで毎月支払う額が一定で、返済計画が建てやすい固定金利の方が良い場合もあります。

金利が高い時に住宅ローンを組んでしまった人は、途中で変動金利へ変更するなどして対応出来ますので、金利市場の動向をチェックして契約をする事をお勧めします。
住宅ローンを申し込む場合、金利はとても重要な項目になりますから、現在の金利状況やこれからの状況をよく調べて、固定金利か変動金利を選ぶようにしましょう。

 

 コーヒーの楽しみ方  動脈硬化の予防と対策  日焼け対策  浮気の調査
住宅ローンはこうして借りなさい新版

 

住宅ローンの金利には2種類あり、変動金利と固定金利があって、借りる本人がどちらかを選択する事が出来ます。
住宅ローンで言われる変動金利とは、返済の途中でも定期的に金利が変わる支払い方法を言います。

高金利の時期に住宅ローンを組んだ場合でも、その後金利が下がれば返済額も減りますが、逆の場合も考えられるため、金利が上がって返済額の総額が増えてしまうことは十分あり得ます。
住宅ローンで言われる変動金利にも種類があり、上限金利特約付変動金利と呼ばれる物もあります。

住宅ローンの上限金利特約付変動金利とは、金利の上限が定められているため、どんなに金利が高くなっても一定の金額より上がる事はありません。
上限金利特約付変動金利は、変動金利に比べて安心感がありますが、最初に設定される金利が高いというデメリットがあります。
住宅ローンを変動金利で組むのにお勧めなのは、借入金が少ない人や短期のローンを組む人でしょう。

長期間の住宅ローンを組む場合、将来金利が上がった際に元金も増えることから注意が必要になります。
もちろん金利が下がり元金が減ると言ったメリットをうむ場合もありますが、長期間住宅ローンを組む場合にはしっかりと市場を見極める目が必要となります。

 

 オークション相場  10周年 アクセ 時計  ベビー用品 レンタル
カテゴリー
更新履歴
住宅ローンとは(2009年8月 4日)
住宅ローンの金利(2009年8月 4日)
住宅ローンの固定金利(2009年8月 4日)
住宅ローンの変動金利(2009年8月 4日)
カテゴリー
更新履歴
住宅ローンとは(2009年8月 4日)
住宅ローンの金利(2009年8月 4日)
住宅ローンの固定金利(2009年8月 4日)
住宅ローンの変動金利(2009年8月 4日)