Top > 住宅ローンの固定金利

住宅ローンの固定金利


図解でわかる得する住宅ローン借り方・返し方

 

住宅ローンを組む際には金利の種類を選択する必要があり、変動金利と固定金利から選ぶことになります。
住宅ローンの固定金利とは、融資契約を行う時点での金利で支払いが完了するまで払い続けるタイプです。

固定金利は契約時に決められるため、住宅ローンを返済するに当たっての計画が立てやすく、長期間払い続ける人には安心して返済が行えるというメリットがあります。
住宅ローンの金利と言えば昔から固定金利が一般的でしたが、金利が低くなった場合のメリットを得ることが出来ないため、変動金利を選ぶ人も多くなっています。

しかし、住宅ローンを組んでから何十年もの間払い続けるため、金利の変動で支払額に変化があっては、返済計画がなかなか立てられません。
住宅ローンで毎月支払う額が一定で、返済計画が建てやすい固定金利の方が良い場合もあります。

金利が高い時に住宅ローンを組んでしまった人は、途中で変動金利へ変更するなどして対応出来ますので、金利市場の動向をチェックして契約をする事をお勧めします。
住宅ローンを申し込む場合、金利はとても重要な項目になりますから、現在の金利状況やこれからの状況をよく調べて、固定金利か変動金利を選ぶようにしましょう。

 

 コーヒーの楽しみ方  動脈硬化の予防と対策  日焼け対策  浮気の調査
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
住宅ローンとは(2009年8月 4日)
住宅ローンの金利(2009年8月 4日)
住宅ローンの固定金利(2009年8月 4日)
住宅ローンの変動金利(2009年8月 4日)